特定非営利活動法人 自然観察さいたまフレンド
                           

見沼たんぼ緑地の自然観察会

1月20日、大宮第二公園集合 参加者32名
よく晴れた穏やかな日であった。ー木の冬芽しらべ。¬鄙陲留枦潺好織ぅ襦バードウォッチング入門。三班に分かれての観察会であったが、今回は野鳥班と野草班の一部(配布資料)についての報告をする。
野草班が配布をした、事前調査の資料では47種類がリストアップされている。

第三公園には、写真のハシビロガモの他に、アオサギ、オオバン、カシラダカ、カワセミ、シジュウカラ、などが観察できた。
芝川沿いには、写真のホオジロの他にヒドリガモ、オオバン、イソシギ、アオジ、などが観察できた。
第二公園では、写真のモズの他に
シメ、カワラヒワ、ムクドリ、ヒヨドリ、キジバト、ジョウビタキ
、ハシブトガラス、ハシボソガラス、シジュウカラ、などが観察できた。
野草の冬越し(ロゼット)
オニノゲシ(ネット画像参考)
今回は地表に生えている植物を中心に観察を進めた。
野草の冬越し(ロゼット)
コウゾリナ(ネット画像参考)
ロゼット状植物には、ロゼット型
、疑ロゼット型、直立型、分岐型
がある。
野草の冬越し(ロゼット)
ハルジオン(ネット画像参考)
ロゼット状態になると、寒い風を防ぎ、地面の熱を利用する、日光を広く受け止めるなどの利点が生まれる。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター