特定非営利活動法人 自然観察さいたまフレンド
                           

浮間公園の野鳥観察入門

公園内にある浮間け池は、かつて蛇行していたころの荒川を直線の水路として改修されてできたもので、公園の約40%を占めています。
ここ数年の傾向としては、ユリカモメやホシハジロ、キンクロハジロが圧倒的に個体数が多く全体の2/3以上を占めているといってもよさそうです。特にユリカモメやホシハジロは東京湾に近いこともあり、さいたま市内では見られない現象です。
小鳥では、コゲラとシシュウカラが顔を出しましたが忙しく動き回るので写真に撮るのも大変です。コゲラの握力は凄いです。
茂みの中には、ゴイサギが3羽微動だにせずにいましたが、ここでは自分が主役ではないと感じているのかもしれません。目で確認ができた鳥の種類は20種でした。

コゲラ
よく観察をすると、太い木にぶら下がるようにして餌を探していますが、二本の足で体全体を支えており、驚異的な握力であることがわかります。
ホシハジロ
さいたま市内では近年あまり見られなくなってきていますが、ここでは他のカモ類を凌ぐほどたくさん見られます。
ユリカモメ
東京湾ではまさに常連さんで、都の鳥でもあります。
愛らしい顔立ちをしていますが性格は大変獰猛です。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター