田島ケ原サクラソウ自生地を守る会
                               

恒例の草焼きは1月16日(水)の予定です

2018年12月7日は前日より最高気温が6℃高く暖かな大雪だった。でも全国的には寒波襲来で札幌などは積雪が50僂△辰燭茲Δ澄

入口付近から見ると右手のさいたま東村山線の堤防が除草されていた。でも残念ながらセイタカアワダチソウなどは種子を散布し終わった後だ。

来年の草焼きは1月16日(水)実施予定の看板が掲示された。それに伴いA区B区とも一部のオギが刈り倒されていた。

オギが葉を落としほとんどが枯れ色の自生地は生き物の気配も無く時が止まったようだった。ユウガギクは痩果だけになり黒褐色のヤブツルアズキ、ツルマメの莢、ノブドウやヘクソカズラそして一部にはシオデの実もあった。

今年も早や12月。文化財保護課を市長の指揮下に移せる法改正の施行日は来年の4月1日。とにかくサクラソウの現状を知ってもらうのが第一なので、左のポスターを作ってみた。

除草した右側は枯れ色、左側は緑色なのは何故でしょうか。
種子はほとんど飛ばし終わったヤブツルアズキ。
花の終わった後のアキノノゲシが再度花が咲いたよう。
花後のノコンギク。冠毛の長いのが分かります。
ノブドウの実は白いのだけが本来の色とも言えないようです。
自分が動物に運ばれるためなのに他の種子に付かれたコメナモミ。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター