さいたま読書倶楽部
                               

2018年10月27日の読書会

■10/27(土)の14時30分から当会96回目の読書会が行われました。

■場所:市民会館うらわ

■参加メンバは女性32名、男性21名 計53名(内、初参加7名)。

■7テーブルで実施しました。

■紹介された本は以下の通りです。
(文字数制限のため著者の記載略)
路上のX
日本が売られる
夜市
対岸の彼女
遠い山なみの光
絵本・旅猫リポート
整える、こと
マカン・マラン
タチ
ブルックリンの少女
中島敦全集1
沈黙
さざなみのよる
脱出記
麻雀秘伝帳
私のなかの彼女
受け月
戊辰物語
イギリス毒舌日記
インド倶楽部の謎
理系が恋に落ちたので証明してみた
猫語の教科書
花桃実桃
誰かが嘘をついている
星の子
エンジェル・エンジェル・エンジェル
スミス海感傷
富士山1,2,3,4
わたしの本当の子どもたち
ビューティーキャンプ
曾根崎心中
暇と退屈の倫理学
ひぐちアサ初期傑作選1,2
know
「新釈走れメロス」から山月記
レガッタ!1・2・3
でっちあげ 福岡「殺人教師」事件の真相
あ・うん
海辺の生と死
卜伝飄々
ウは宇宙船のウ
1984年
不道徳お母さん講座
ガラスの街
人魚の眠る家
放課後に死者は戻る
サイレント・ブレス
ファースト・ラヴ
夫のちんぽが入らない
「わかる」とはどういうことか
世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか
東京會館とわたし
破戒
破戒裁判
逃亡くそたわけ
舟を編む
sight
きつねのはなし
怖いこわい京都
教養としての世界史
選べなかった命 出生前診断の誤診で生まれた子
あなたの人生、片づけます
或る男の断面
夢の日だまり
浮遊霊ブラジル
国境の南、太陽の西
新聞記者
過ぎ去りし王国の城
空白を満たしなさい
血の雫
別れを告げに来た男

■記載者のつぶやき
次回課題本開催は2019年2月です。
(課題本読書会と通常読書会の併用開催)

※さいたま読書倶楽部HP
http://saitamabookclub.r-cms.jp/


前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター