民話の会どんとはれ
                               

“日本の公園の父”と呼ばれた本多静六博士

日時 平成30年10月27日(土)13:30〜15:45
場所 桶川市、べに花ふるさと館
入場者 23名
参加者 6名
第1部:民話語りグル−プによる民話発表
第2部:講座「日本の公園の父」本多静六
 講師:久喜市教育委員会教育部長         渋谷克美氏
今回が83回目の「ふるさと再発見講座」であった。
講座の本多静六博士の話は、いろいろエピソ−ドも交えて話されて聞きごたえがあった。日比谷公園や明治神宮の公園設計など、日本の公園を81か所も設計や改造に尽力され、地域振興にも尽力したとのこと。その人生哲学や慈善事業家の話もあり、埼玉が生んだ偉人の一人であると改めて思った。
 
←本多静六博士について熱弁をふるう渋谷克美氏

第1部:民話語りグル−プによる民話語りの場面
〔穎辰硫颪匹鵑箸呂
 外川澄輝:
 「桶川の女郎買い地蔵」
¬穎辰硫颪錣蕕靴戞
 近藤やす子:
 「諏訪坂の一ツ目入道」

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター