民話の会いなぼっち
                               

えっ、初めての訪問でオカリナの共演

日 時 2018.9.6(木)
場 所 グリーンデイ大宮桜木町
聞き手 18名
訪問者 3名

 やっと猛暑から解放されて涼しい一日、大宮の桜木町にある「グリーンデイ大宮桜木町」さんに、初めの訪問です。スタッフの方から民話ってどういう話ですかと聞かれ、それは聞いてのお楽しみ・・・。
 まず、最初に聞いてもらう民話は「若返りの水」、水を飲んで若返った爺様を見て、婆様も爺様につり合う年齢になろうとちょっと水を飲み過ぎてしまったと言うお話。
 次は「うそ話千両」その話、うそだあ〜と言わせたら千両もらえるという。さあどうなったかなあ。
 最後は「年寄り売り」年寄りを売ちゃうんです。恐ろしい話かなあ。気になるなあ。
初めての民話、いかがでしたか。楽しんでもらえたら嬉しいのですが。
 次に綺麗なハンカチが出たりプレゼントの箱が出たりする手品を見てもらって・・・
最後にオカリナの演奏で皆で歌を・・・えっ、利用者さんにオカリナ演奏が上手な方がいるんだって。一緒にオカリナ演奏をしてもらって大きな声で歌いました。楽しかったあ。又来て下さいねと言われて・・・。 はい! 又来ます・・・
        (記 伊藤 美佐子)

高井竹子 「若返りの水」

あの岩陰の湧き水、ありゃあ若返りの水だったかも!それを聞いて婆様ゴックン!ゴックン! と飲んだだと・・・
伊藤美佐子 「年寄り売り」
 
 「年寄りはいらねべかー」って言ったらおらんちにも年寄りはいるって怒鳴られてしまった。我が家にも年寄りが二人・・・これ以上増えたら・・・
 
仙澤昌子 「うそ話千両」

 彦八や、どうも暇でたまらん。なんぞ面白い話はないかなあ。と、あれを言わんようにさえしてくれたらなんぼでも話をしてあげますがなあ・・・と、言ったが・・・あれって、なあに・・・

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター