民話の会いなぼっち
                               

猛暑の中新施設へ訪問

日 時 2018.8.27(月)
場 所 ツクイ上尾原市
聞き手 30名
訪問者 3名 

 今日は猛暑日(さいたま最高記録・38.7℃)の中の訪問でした。
しかも本日が初回の訪問ということで少し緊張しながらお伺いしました。
皆さんはすでに入室されており、この暑さにも負けずに元気な姿で、迎えて下さいました。
「いなぼっち」の紹介等・簡単な挨拶の後、早速語りに入り、民話「くわんくわん」「塩吹き臼」「花咲山」を語り、軽く頷いたり、時には笑い顔を見せながら静かに聞いて下さいました。
今回は暑い日中でしたが皆さん熱心に話に耳を傾けて下さいました。
 次は、手体操(桃太郎さん・あんたがたどこさ)を全員でやって、頭と身体をほぐしてもらいました。
最後は皆さんよくご存じの紙芝居「金色夜叉」で、あちこちで「知ってる、知ってる」との声もきかれました。
「熱海の海岸散歩する〜」と歌が流れてくると皆さん一斉に歌い出され、会場は元気な歌声に包まれました。
帰り際に「目はつむっていましたが、ちゃんと聞いていましたよ」と、わざわざお声掛けして下さるかたがいました。
お世話になった皆様本当に有難うございました。
       (記 高井 竹子)

高井竹子 「くわんくわん」
橋本孝郎 「塩吹き臼」
次郎丸寿子 「花咲き山」

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター