民話の会どんとはれ
                               

熱心に耳を傾け質問続出で時間切れ!

日時:平成30年9月13日(木)13:00〜14:40対象:彩の国いきがい大学伊奈学園専攻課程4期環境生活情報科 
会場:県民活動総合センター3階研修室
聞き手:30人
参加者:9人
 会場に入ると、男性が多いせいかピシッと引き締まった良い雰囲気でした。皆さんがしっかりと聞いてくださり、終わってからも、意見や質問がたくさん出ました。
 残念だったのは、備え付けのピンマイクの指向性が強かったのか、電池が古かったのか、ちょっと横を向いて語ると声を良く拾ってくれなかったことです。

← 開会あいさつを述べる長澤会長

 外川澄輝 :
 「民話と昔ばなし」について
星野スエ子:
スライドをつかって「民話の会どんとはれ」のボランティア活動を紹介
 鶴田正枝:民話「ささぎつね」
 長澤昭洋:
 民話「荒巻鮭(狐化け)」
 間中喜久江:
 怪談「常識(小泉八雲 作)」
米山正順:民話「庚申様の日に祝言をあげた人の話」
質疑応答風景、質問がたくさん出て、時間切れであった。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター