民話の会どんとはれ
                               

語り手の息が届くくらいの距離で語る

日時 平成30年9月6日(木)10:20〜11:20
場所 蓮田市、「南新宿ミニディ憩いの家」
訪問者 5名
聞き手 8名
今年最強の台風21号の上陸で関西地方はじめ各地で被害が発生している最中、今朝は北海道で震度7の地震が発生して、テレビ報道を見るのも苦しくなる光景でした。最近、大きな自然災害が多く、この日本はどうなっているのでしょう。
今日は、南新宿の「憩いの家」に5名が訪問しました。
いつもの広い部屋から、こじんまりした談話室で、皆さんに語り手の息が届くくらいの距離で語りました。民話を語るには雰囲気が出て、ちょうど良いかげんの部屋かな!

← 語り風景

 的場政幸:
 民話「京順和尚のこと」
 星野喜美子:
 民話「屁たれ嫁っこ」
 米山正順:
 紙芝居「ふしぎなしゃもじ」
 星野スエ子:民話「三湖伝説」
長澤昭洋:
解説「各地に伝わる桃太郎」の話

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター