田島ケ原サクラソウ自生地を守る会
                               

コバギボウシが全域で見られるようになりました

処暑は台風の特異日とも言われるが、2018年8月23日は台風19号が九州の西方海上を抜けたと思う間もなく夕方には台風20号が四国に上陸しそうな予報だ。

さいたま市は朝から明るく晴れ渡り自生地に着いた6時頃には無風で鳥の声も無く静寂が支配していた。中央観察路を入ると朝露に濡れた植物達が爽やかに迎えてくれたが、ナメクジが多く目についた。カタツムリと同じ陸棲貝類だがとても可愛いとは言えない。

ヘクソカズラが朝露を受けてキラキラ輝いていた。シロバナサクラタデも花がかなり増えて、キンミズヒキの花も多くなった。
コバギボウシの花が全域でみられるようになったが、開いた花は下向きが多く、ほとんどが観察路に背を向けているのは不思議なくらいだ。
ユウガギクやオカトラノオ属の花もあり、アゼオトギリ、ミズタマソウの花もまだ見られる。

センニンソウの花が見られるようになり、観察路の両側に蕾をいっぱいに付けている。メハジキも大きな図体に小さな精巧な花をいっぱいつけ始めた。

コバギボウシの雄しべは6本、雌しべは別に伸びる。

シロバナサクラタデの花は雄しべの長い雄花ばかり。
キクイモを拡大すると中でハナグモが待ち伏せている。
ヘクソカズラの葉は朝露をいっぱいに付けている。
9月8日の白露には白い花の絨毯が見られそう。
ツユクサが多く見られたが、白花も2輪見られた。
ブチヒゲカメムシがヤブガラシの花の上で交尾中。
ヒメウラナミジャノメ漢字表記は姫裏波蛇目。
キタテハは黄立羽で幼虫の食草はカナムグラ。成虫で越冬。
サトキマダラヒカゲは里黄斑日陰蝶で日本固有種。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター