NPO法人華齢なるケアマネたち
                           

第183回「ケアマネジメントからAIを学ぶ」

◆第183回 7月の勉強会

・開催日:平成30年7月14日(土)
      9:30〜12:00
・場 所:浦和コミュニティセンター
         14集会室
・講 師:(株)シーディーアイ
          (平尾氏、佐野氏)
・ファシリテーター:  新井ケアマネ 
・参加者:33名
・プログラム
一部:9:30〜10:00
     情報交換タイムなど
二部:10:00〜12:00
テーマ:ケアマネジメントからAIを学ぶ
    
【本日のポイント】
 昨今いろんな分野でAIの活用がされています。私たちケアマネ業についても
AIの導入が言われています。AIの導入でケアマネ不要論が叫ばれるのか、業務軽減につながるのか、そして自立支援に向けた質のの高いケアマネジメントに繋がるツールとして活用できるのかなど、AIの体験を通じケアマネジメントとAIについて学ぶ。

【振り返り】
Aさん:予測がみられるのが興味深い
Bさん:利用者に入力してもらうのも自立支援につながると思う
Cさん:自分で立てるプランのくせを探すきっかけになる
Dさん:体験するまではケアプランの1表から3表を作ってくれるのかと思っていた
Eさん:地域の特性が入るプランができるようバージョンアップに期待したい
Fさん:自分でプランを立ててからAIのプランと見比べるのもよいと感じた
Gさん:福祉用具についてはレンタルだけでなく改修も提案してくれるといいなと感じた     等々
【担当者の振り返り】
 今回の勉強会ではAIについて初めて体験できた方が多かったと思います。
体験前は業務が簡素されるのかケアプランの作成がケアマネにとってかわるのかと憶測があったと思います。まだ開発途中ですがプランの作成がケアマネの経験、考えだけに左右されない、自立支援につながるケアプラン作成のツールとして活用できることを期待します。
      (会場の風景)

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター