民話の会いなぼっち
                               

梅雨明けのまぶしい日差しの中で!

日 時 2018.7.4(水)
場 所 埼玉県中央部の子供教室
聞き手 17名
参加者 3名

 観測史上最も早い梅雨明けが6月下旬に発表され今日も真夏日となりましたが、教室の中は程よい空調で快適に準備されておりました。
皆さんとのご挨拶の後、いよいよお話の始まり〜。
民話の内容に合わせた美佐子さんお手製のかえるの折り紙は、おしりをつつくと本物のようにピョンピョンと飛び跳ね、子ども達は大はしゃぎ!
奥山久子によるフランス民話の紙芝居「あひるのおうさま」のお話でほっこりした後は、奥山さんの手体操「イワシの開き」を全員で!
指導員の先生方も一緒に、みんなで楽しい時間を過ごしました。
厳しい暑さの夏は始まったばかりです。皆さ〜ん熱中症にはくれぐれも気を付けてくださいね。
(記 次郎丸 寿子)

伊藤美佐子 
    「蛙になったぼた餅」
奥山久子 紙芝居
   「あひるのおうさま」
手体操 「イワシの開き」

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター