民話の会いなぼっち
                               

熱中症に注意しながら・・・

日 時 2018.6.21(木)
場 所 ゆめこうぼう虹
聞き手 8名
訪問者 3名

 今日は、日差しはないが湿度が高く汗が噴き出る蒸し暑さで、熱中症に注意が必要、そんな中、汗をふきながらボランティアに出かけました。
いつも通り家庭的な雰囲気で世間話をしながら始まりました。
短い話をつづけ、話が終わり手遊び「桃太郎」を全員で楽しみました。
最後にハーモニカで「故郷」を合唱し、施設を後にしました。
        (記 岩崎 敏夫)

岩崎敏夫 「茶店のいたづら者」

いたづら者っていったら、タヌキかキツネか・・・ 
なんだろうなあ〜
 なんだろな・・・
橋本孝郎 「塩吹き臼」

 毎日暑いねえ。たまには海に行って泳ぎたいけど血圧高いから行かれないわ。だって海の水しょっぱいんだもの・・・
伊藤豊一 「子だくさん」

 沢山子供生まれてなあ。困ってしまったんだと。修めるベぇと思っても、修まらねえ、末っ子にするべぇと思っても、
末っ子にならねえ。ここらで留めねば・・・あぁ留めにすべぇ


 

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター