田島ケ原サクラソウ自生地を守る会
                               

大暑の自生地を彩るオレンジ色のオニユリの花

2018年7月23日の大暑の今日13時30分の観測で東京都が観測史上初の40℃越えを記録したという。
気温は風通しや日当たりの良い芝生の上1.5mの位置で観測することを標準としている(気象庁)というから街中では普通に44〜5℃にはなっている異常な暑さだ。

今朝は涼しいうちにと思い自生地には5時半過ぎに着いた。
中央観察路を入って久しぶりにウマノスズクサの花を見つけた。両側にはユウガギクやオカトラノオ属の白い花も見られる中、オレンジ色の大きなオニユリの花が鮮やかだった。盛りは少し過ぎた感じだが、花言葉の「愉快」「華麗」「陽気」そのものだった。

オトギリソウとアゼオトギリが多くの花を付けていた。ミズタマソウも面白い小さな花をいっぱいに咲かせていた。
コバギボウシが咲き始め、ノカンゾウがまだまだ見られ、ハンゲショウは葉を緑に戻し始めていた。

きれいな緑色の複眼の虻が居た。ムシヒキアブ科のアオメアブで大形の昆虫を好んで捕食するという。
何やら大きな虫が飛んできたと思ったらカブトムシで、その他の虫たちとの出会いもあった。


環境省レッドリストの絶滅危惧B類(EN)のアゼオトギリ。
ジャコウアゲハに食べられ、久し振りのウマノスズクサ。
ミズタマソウの花は萼が2、花弁2、雄しべ2の2数性。
オトギリソウの雄しべは3群に分かれ、柱頭は3裂する。
頭部に発達した大きな角が兜に見える事からカブトムシ。
コバギボウシはAPG分類ではキジカクシ科。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター