田島ケ原サクラソウ自生地を守る会
                               

全域で多くのノカンゾウの花が見られました

いつなら七夕の行事が大きく報道される日なのに、テレビも新聞も「数十年に1度の大雨」と集中豪雨の記事で埋め尽くされている。また、また九州、広島に被害が多いようだ。

1951年に統計を取り始めて初の6月29日の梅雨明け宣言後一週間くらい真夏日が続いた後雨模様の連続だったが、2018年7月7日の小暑のさいたま市は曇天だった。
前夜は激しい雨だったので長靴を履いていったが、観察路の冠水している個所は無かった。

5日の観察会ではもう開花してもおかしくないようなオニユリの蕾がいくつも見られたので今日こそはと期待して、3開花が確認できた。自生地全体としてはノカンゾウが真っ盛りで、バアソブは赤が強い花、白っぽい花と変化も多く見られた。ヤブカンゾウも花をつけ、ハンゲショウも多くの葉が白く染まっていた。
オカトラノオ属は短い花穂が目立った。17時過ぎに行ったのでオトギリソウは花を閉じていた。

A区ではススキノ科のノカンゾウが咲き乱れていました。
今年第一号のオニユリの花。オニユリにはムカゴが付く。
雄しべが花弁化したヤブカンゾウの八重の花。
櫺未結実し、花びらが萎れたトモエソウ。
小葉が18〜24と多いマメ科のクサフジ。
絶滅危惧粁(VU)のゴマノハグサ科のゴマノハグサ。
天敵のイワサキセダカヘビと生息地が重なるヒダリマキマイマイ。
多くの花が見られるキキョウ科のバアソブ。絶滅危惧粁(VU)。
裏面の中央の明瞭な白斑が特徴のミヤマチャバネセセリ。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター