埼玉雑学大学
                             

八王子千人同心最終回

2016年に八王子を出発して、3年間に渡る数々の調査と検証を続けながらようやく7月1日に日光東照宮までの歩きを終えました。
ご参加の皆様方長期間のご協力ありがとうございました。
中山道、日光街道、鎌倉街道、奥州街道、甲州街道、秩父街道、水戸街道、いろんな道を歩きました。しばらくは思い出に浸ることにしましょう。

日光を開いた上道上人が腰を掛けたといわれる、鉢石です。初石宿の名前のもとになりました。
樹齢600年と言われる姫小松。
迫力満点の姿です。
東照宮参道。最後の登りです。
大横町の案内板。千人同心の働きぶりと、当時は八乙女がこのあたりに住んでいたと書かれている。
アカバナシモツケソウ
ワスレナグサ

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター