田島ケ原サクラソウ自生地を守る会
                               

ノカンゾウ、トモエソウなどの一日花が鮮やか

夏至は2年連続で雨だったが、2018年6月21日(木)は前日の雨が止んで曇空。でもむし暑く全身汗みずくになってしまった。さいたま市の夏至の昼間は14時間36分。日本では、日の出が最も早い日は夏至の1週間前頃であり、日の入りが最も遅い日は夏至の1週間後頃という。

自生地ではノカンゾウやトモエソウ、そしてノカラマツが全域で花を咲かせていた。今年初めてママコノシリヌグイの鮮やかなピンクの花、コカモメヅルの小さな花も見られた。14時を回っていたのに開いていたのは曇天だったからだろうか。ハンゲショウも葉を白くし始め、葉と花がフジに似るクサフジの薄紫の花序やヒルガオも見られた。でも、オトギリソウ、ヤブカンゾウの花は無かった。

4月12日に自生地を訪れた埼玉大学環境共生学科の生徒さん25名が藤野准教授に引率されて再訪。サクラソウの時期とは一変した風景に皆驚いていた。ヨシとオギの区別は葉の中央に白い線が有る無しなので「白い線が無いのはヨシアシだ」と覚えてもらえばいい。

ノカンゾウはススキノ科の一日花。多くの蕾を付けて咲き継いでいく。


オトギリソウ科のトモエソウの柱頭は5裂して反り返る。
オカトラノオ属は雑種を作りやすいと言われる。
ハンゲショウの花は小さいので虫を呼ぶため葉を白くする。
コヒルガオは葉の基部が横に張り出すがヒルガオは写真のよう。
コカモメヅルの花径は4〜5个膿燭鹵罎良花冠がよく目立つ。
キキョウ科のバアソブの葉は偽輪生で裏面に白い短毛が多い。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター