田島ケ原サクラソウ自生地を守る会
                               

さいたま市議会でも田島ケ原サクラソウ自生地の危機的状況が話されました

2018年6月11日のさいたま市議会6月定例会で国指定特別天然記念物田島ケ原サクラソウ自生地のサクラソウの危機的状況が取り上げられました。

予算が少ない事、都市局と教育委員会が連携しなければ今のサクラソウの窮状は救えない事、桜草公園の自然を大切にする風致公園化はその連携の第1歩です。全国で唯一特別天然記念物の指定を取り消された野田のサギ山の二の舞を踏んだら、さいたま市は本当に全国に恥をさらす事になります。

サクラソウ保全を本気で行っていただきたい事を久保みき議員が市長をはじめ市の幹部に訴えて頂きました。

下記は東京新聞埼玉中央版の6月12日朝刊記事の切り抜きです。

 
   


前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター