田島ケ原サクラソウ自生地を守る会
                               

ノカラマツ、オカトラノオ属シオデ咲く自生地

2018年6月6日の芒種の朝はまさかの雨を玄関で知った。夕方から降り始めるとの天気予報に今朝に限って事前に空模様を確認しなかった。6時前の自生地行きは10時頃に変更した。幸いにも自生地に着いた頃から雨は上がり、12時頃までほとんど降らなかった。
昼の天気予報で関東甲信も梅雨入りし、平年より2日早い梅雨入りとなった。

絶滅危惧粁(VU)のノカラマツが花弁も萼も無い雄しべと雌しべだけの花を全域で咲かせている(左の写真)。キンポウゲ科はもともと花弁は無いが萼も早落性ですぐに無くなる。

オカトラノオ属がアチコチで白い花穂を付けていた。これからが本格的なシーズンになるが、交雑種を作りやすく色々な形の花穂を咲かせていた。
オカトラノオ属はAPG植物分類体系第1版、第2版ではヤブコウジ科に含める事も提案されていたが、第3版でサクラソウ科に確定したという。約160種が世界に分布し、アジアの温帯に多く、日本には16種が知られている。

シオデも全域で見られる。漢字表記が牛尾菜というように蔓先は独特で牛の尻尾に例えられるが、別名山アスパラとも言う美味しい山菜だ。ユリ科に分類されていたがAPG分類体系ではサルトリイバラ科またはシオデ科に移された。


裂片の幅が広い花をつけるオカトラノオ属の一種。
花穂をきれいにたわませたノジトラノオもどきの花。
裂片が細い花はノジトラノオに多いようだ。
クララの花に多いクマバチが吸蜜に来ていた。
一輪だけトモエソウの花が開いていました。
クサノオウは縮れた毛が多く白っぽい。早落性の萼片が見える。
シオデは雌雄異株。上掲は雌花の花序。
山アスパラとも言われる極上の山菜のシオデの蔓先。
竹細工のようなシオデの雄花の球形の花序。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター