ふるさと上谷沼 地域創造塾
                               

平成30年3月 自然観察会

春らしい天気の3月31日、上谷沼調節池から小谷場中学の森にかけて、生きもの達に会いに行ってきました。

どんな生きものが待っているかワクワク!



森ならではの日当たり、落ち葉が分解して土に返るなどの環境があってこそ、タチツボスミレなどの在来種が生きられます。
この辺りでは貴重な生育環境です。
大人も子どもの目線に下がって見てみると、いつも以上に発見があり、ここの生きものの視点に立って考えることにつながります。
空を見上げてみるとこんな景色に出会えました。

早春の雑木林、これから葉が開きます。
今日みつけた野鳥:スズメ、ムクドリ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、キジバト、カルガモ、シジュウカラ、ツグミ、コガモ、モズ(声のみ)
植物:ヒメオドリコソウ、ホトケノザ、ナズナ、オオイヌノフグリ、ヨモギ、キツネノボタン、ノイバラ、ツクシ、ノビル、タチツボスミレ


前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター