田島ケ原サクラソウ自生地を守る会
                               

チョウジソウ(丁字草)がもう花の盛りです

2018年4月20日の穀雨は全国的な晴天で最高気温が26℃の6月下旬並みの暖かさだった。

「サクラソウはまだですか」「サクラソウはどこで見られますか」暖かい春の陽気に誘われて田島ケ原サクラソウ自生地を訪れた人たちの最初に発する言葉のほとんどがこのいずれかだ。

3月後半からの暖かさでオギが異常に伸びてサクラソウを覆い隠している。やっとノウルシの勢いが止まったと思ったらスイバよりはるかに多いオギが邪魔している。自生地の宿命と言っても、折角いらして頂く方たちには本当に申し訳ない。

第2次指定地や補完地はノウルシやオギが少ないのでサクラソウが良く観賞できる。サクラソウとしては今頃が花も大きくなりちょうど見頃なのにそれを隠しているのはなんとも残念だ。

15日のさくら草まつり'18は朝には雨が止んだにも拘らず、春の嵐との天気予報が災いして少し寂しかった。
16日は毎年課外学習に来る新開小学校4年生72名で賑やかだった。ノウルシの黄葉を不思議がっていたのは鋭い感性だ。
17,18日は急に気温が低くなったが、育ってしまった植物は小さくなる筈はなかった。

サクラソウとキンポウゲ科のヒキノカサ。
サクラソウの花だけを吸蜜している蜂を見て嬉しかった。
このサクラソウは間違いなく8裂片です。
そろそろ果胞が膨らんできたカヤツリグサ科のトダスゲ。
6月には地上部は消えて無くなるノウルシの黄葉した葉。
エキサイゼリ(益斎芹)の小さな白い花も咲いています。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター