民話の会いなぼっち
                               

凍えそうな午後に…

日 時 2018.2.5(月)
場 所 でいとれセンターひばり武蔵浦和
聞き手 30名
訪問者 3名

 立春を過ぎたばかりとはいえ、真冬の寒さに凍えそうになりながら訪れたデイサービスひばりさんでは、いつもの室内で利用者の皆さんが熱心にお習字の練習をしておられました。
そこで今日は急遽場所を変えて、リハビリのトレーニングルームでの口演となりました。
3名の語りを聴いて頂いた後で、オカリナに合わせて「ひなまつり」を皆さん一緒に4番まで楽しみました。
次回またお会いできる日を楽しみにしておりま〜す!
       (記 次郎丸 寿子)

次郎丸寿子「コオロギとじんちゃ」

 じん茶じゃないですよ。爺ちゃんです。不思議な方言はどこの土地の言葉かなあ・・・
熊谷初男 「十二支の始まり」

 ね・うし・とら・う・たつ・み・うま・ひつじ・えっと次はなんだっけ・・・

 
伊藤美佐子 「年寄り売り」

 この年になっても、まだ十分に働けるんじゃ。ところが家の若いもんから相手にされず邪魔者扱いされとるんじゃ。だから・・・

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター