田島ケ原サクラソウ自生地を守る会
                               

暖かい日が続き植物たちの生長が活発!!

前日は最高気温が26℃まで上がり暑いくらいの夏日だったが、2018年4月5日の清明は17℃と平年並みに戻った。

桜草公園の桜は前年の清明には4〜5分咲きだったが、今年はもう盛りを過ぎて一部に花が残る名残の桜だ。

3月初めに雨が多かった影響でヒキノカサやムラサキサギゴケ、ジロウボウエンゴサク、アリアケスミレなど湿地を好む植物がいつもより多く見られる。

3月下旬からは気温の高い日が続き、草木の生長が早い。自生地でもサクラソウが多く花を咲かせているが、オギやスイバの伸びが早くスダレ越しが多くなってきた。特にオギの生長の早さには驚かされる。
アマドコロがもう花をつけ、例年4月末に花開くチョウジソウが蕾を膨らませている。

ヒキノカサは花を蛙の傘に例えたメルヘンチックな名前だ。
アリアケスミレとムラサキサギゴケがコラボしている。
ヒキノカサとケシ科のジロボウエンゴサク。
アマドコロは根にひげが多く甘いので漢字表記は甘野老。
ノウルシに囲まれオギに遮られるサクラソウ。
チョウジソウの株たちはもう蕾を膨らませている。
モズが鴨川べりの木の枝でしばし自生地を眺めていました。
裂片が4枚のサクラソウは例年通りの所に見られる。
サクラソウの白花はかなり遠くに一株だけだ。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター