さいたま市みどり愛護会春里支部
                               

3月の定例会

今日から新メンバーが増えまた一段とにぎやかになりました。
足元にはタチツボスミレが一面に咲きだし、コバギボウシの芽もだいぶ伸びてきました。
大事にしてきた、チゴユリ、ショウジョウバカマ、シュンランもいくつか顔を出し始めています。6月には春岡地区の観察会も予定されており、また忙しくなりそうです。今日は12名の参加者でした。

タチツボスミレは森の外にもはみ出してかなり勢力を広げています。
ハルオコシは最近人気が出てきた種類で、庭の草花としても育てられています。
リュウキンカはよく目立つ花をつけ、日陰でもよく育っています。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター