民話の会どんとはれ
                               

「楽しみにしていたよ!」の声に気分よく語り始める

日時:平成30年2月15日(木)13:30〜14:45
場所:さいたま市南区、デイサービスセンタ−「ハ−トランド浦和」
聴く人:30名
出演者:3名
 浦和駅西口からバスで別所沼まで行き、歩いてハートランドへ。早く着いたので利用者さんの作品を鑑賞し、いざ本番。顔見知りも何人かおられ、「楽しみにしておりました」との声に気を良くして語り始める。
「屁たれ嫁っこ」ではクスクス、「土竜(モグラ)どんと鼠どん」ではへエ―と感心。「鬼は内」ではゲラゲラと。いつものように眠る人は少なく、真剣に聞いてくれる。時間が余ったので、「草津音頭」でからだをほぐし、利用者さんの得意の歌を2曲ほど一緒に歌って楽しんだ。

←会場風景

 ロビーに飾られたお雛様
 星野喜美子:
 民話「屁たれ嫁っこ」  
 的場政幸:民話「土竜(モグラ) どんと鼠どん」
 星野スエ子:民話「鬼は内」
 星野喜美子:春の歌を2曲、
 会場の皆さんと一緒に歌う

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター