民話の会いなぼっち
                               

男三人衆で北本まで

日 時 2018.1.18(木)
場 所 あずみ苑北本
聞き手 20名
訪問者 3名(男)

 寒波の中の一休み、暖かい日差しの中男三人衆での口演、何が出るか?
昔語りは、笑いを誘う中20分程度で終了してしまう、その後どうするか。
 橋本の紙芝居「愛染かつら」に始まり、熊谷の南京玉すだれ、そして岩崎の手体操「桃太郎」と売り声「石焼き芋等」とよりどりみどりの出し物で終了いたしました。
        (記 熊谷 初雄)

橋本孝郎 「角の生えた蛇」

 昔々不思議なことがあったとさ・・・蛇になあ角が生えとったんじゃと・・・それを信じた婆さんと信じなかった爺さんの話じゃ・・・
岩崎敏夫 「猿地蔵」

 猿のふぐりは濡らすとも、地蔵の・・・・濡らすなよ
よいやさ、よいやさ・・・
あちらこちらからクスクス!と

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター