民話の会いなぼっち
                             

あまーいふかしいもは美味しかった

日 時 2017.12.14(木)
場 所 ゆめこうぼう虹
聞き手 10名
訪問者 3名

 今日は、天気が良いが風が冷たく感じられる中、ゆめこうぼう虹にボランティアに出かけました。家族的な雰囲気に迎えられ始めることができました。
 伊藤の「年より売り」に始まり、岩崎の子供講談「一休さん」「猿地蔵」の二話を語り、最後に次郎丸の「こうろぎとじんちゃ」というほっこりとしたお話を聞き昔話を終わりにしました。
そのあと「なぞなぞ(絵文字、漢字)」をワイワイガヤガヤと言い合いながら皆で楽しみました。皆さんトンチにすぐに答えを当てるのでビックリしました。
最後に、オカリナ「たき火」「旅愁」で合唱しながら楽しみました。
最後に「一月一日、年の初め」を合唱して終わりにしました。
皆でお茶を飲みながらおいしい「ふかしサツマイモ」をいただき世間話をし、来年も訪問する約束をしてお別れしました。
       (記 岩崎 敏夫)

伊藤美佐子 「年寄り売り」

 年寄りはいらねべかあ。年寄り買うてくだされ・・・。なあに、何を売ってるの・・・
岩崎敏夫 
  「一休さん」「猿地蔵」

 とんちで有名な一休さんのお話し。今日はどんなトンちかなあ・・・
次郎丸寿子
   「こおろぎとじんちゃ」

 じん茶じゃないですよ。爺ちゃんです。不思議な方言はどこの土地の言葉かなあ・・・。
なぞなぞ
オカリナとハーモニカで合唱

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター