民話の会どんとはれ
                               

尺八がなんとも言われぬいい音色

日時 平成29年12月7日(木)10:30〜11:30
場所 蓮田市、「南新宿ミニディ憩いの家」
訪問者 5名
聞き手 9名(スタッフ含む)
今冬、一番の冷え込みの朝、男性ばかり5人が蓮田南新宿の「憩いの家」に出前した。
 最初の「むじな」をシーンと聞いてもらって、2番目の「十二支の話」では「ホー」と感心しながらも、笑いも最高潮に・・・。
その後、民話を2話語り、最後は尺八の演奏で締めたが、それが何とも言えない、いい音色であった。
← 神社の境内にある「南新宿いこいの家」

どんとはれの男衆が全員(5人)勢ぞろいするのは、珍しいこと。
聞き手は、女性ばかりであった。
熊谷康夫:民話「むじな」
外川澄輝:民話「十二支の話」
的場政幸:
民話:「鼠どんと土竜どん」
米山正順:民話「庚申様の日に祝言を上げた人の話」
長澤昭洋:
尺八「花笠音頭」ほか2曲

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター