民話の会いなぼっち
                               

ひやひや・どきどき・わくわく

日 時 2017.10.27(金)
場 所 ファインケア浦和
聞き手 14名
訪問者 3名

 さいたま市南区の円正寺にあるファインケア浦和さんの訪問は15回目、顔なじみさんも多い中・・・利用者さんから「他人とは思えないよ!」と云う声を聞き、おもわず「にっこり」とっても嬉しいスタートですね。
最初は皆さんが良く知っているお話し「花咲か爺さ」です。裏の畑でポチがなく〜、正直爺さん掘ったれば〜っ・・・っと皆で歌ってから、むかしむかしある所にと始まりました。
「大歳の火」は、大事な大事な大歳の晩の火い守る嫁さん・・・寝ちゃあなんねぇ、寝ちゃあなんね・・・さて・・・
三話目は角の生えた蛇のお話し、昔々の不思議なことも・・・そっ、信じると・・・きっと・きっと、いいこと良いことあるから、あんまし本当の事を追求せんこった。
次はヒヤヒヤ・ワクワク、緊張いっぱいの紐の手品です、
うわ〜っ失敗しちゃった もう一回ね。
あら、又ダメかしら よし、もう一回・・・本人の焦りとは別に周りは大うけ。
さて、成功したのは・・・何回目だったでしょうか?最後はスタッフさんからのサプライズで紙吹雪が舞い・・・びっくり・びっくり。
     (記 伊藤 豊一)

伊藤豊一 「花咲か爺さ」
仙澤昌子 「大歳の火」
橋本孝郎 「角のはえた蛇」

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター