特定非営利活動法人市民の患者学研究会
                             

浦和区 仲町公民館でジェネリックの説明

  浦和区 仲町公民館ひまわり学級で「ジェネリックの説明」

 ・日時  平成29年9月22日(金)10時〜12時
 ・場所  仲町公民館 大ホール
 ・対象  仲町公民館高齢者学級 「ひまわり学級2期」受講生 55名の方
 ・内容  講座は、ジェネリック医薬品を活用し患者負担や保険税を安くしようとの呼びかけに始まり、スライドを使った分かりやすい説明をしました。
講師は、当団体副代表増田 勝が担当いたしました。
具体的な説明内容は、次の通りです。


  ◎タイトル 「ジェネリック医薬品は このようなお薬です」
    
    ・どのようなお薬ですか
    ・効き目と安全性は大丈夫か
    ・患者は どう思っているか
    ・先生方は どう思っているか
    ・どうすれば もらえるか
    ・どのくらい安くなるか

  ◎質問では

    ・現在、前立腺がん対応の薬を服用しているが、高い。特許が切れてからどのくらいで、ジェネリックが発売され始まるか。
    ・今年から、医療費控除の特例制度が始まった。その対象医薬品にもジェネリックはあるのか。
など、かなり専門的なご質問があり出席者の意識が広く、高いことが分かりました。
  

 
   


前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター