民話の会いなぼっち
                               

夏野菜が真っ盛りお注分け

日 時 2017.7.13(木)
場 所 ファインケア浦和
訪問者 3名

 入梅は何処へやら・・・夏日が真っ盛りの今日このごろ・・・
前庭には、キュウリ・茄子・ミニトマト・ゴーヤ・大葉等の夏野菜が実を付けて夏を思わせている。
 クーラーの効いた会場で、快調に語り3話を終了したら、残り時間が5分程度になり、最後に「桃太郎」の歌と手体操で身体を解しておしまいです。
        (記 熊谷 初雄)


高井竹子 「たぬきの糸車」

 たぬきって、たぬきってやつはこんなに可愛いもんなのかなぁ〜。家のたぬき爺も可愛いのかなあ
おら、どうも考え違いをしていたようじゃ。
そんなことはねえよ・・・
ば・か・し・あ・い・・・
熊谷初雄
   「アヤメになった婆様」

 お前さんは、いま、八十の白髪頭の婆さまだす、おれは、死んだ時のまま、二十歳だ。なんぼ昔、許嫁だったがらって、今、こんなに歳の差あったんで、いっしょになるわげにいがねがら、あぎらめでけろ なんでえ!おらあ…待ってたのに
次郎丸寿子 「オオカミ長者」

 オオカミから眉毛をもらったお爺さん。正直者はちゃんと人間に見えるって。うそつきは動物に見えるんだって・・・
じゃあ、周りの人は何に見える!

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター