民話の会いなぼっち
                               

梅雨入りとは名ばかり

日 時 2017.6.9(金)
場 所 ディサービスぱる浦和
聞き手 18名
訪問者 3名

  梅雨に入ったとはいえ・・・蒸し暑さもなく、植木の水やりに忙しい今日、さーてと、心弾ませ、14時近くに施設を訪問したら、施設の皆様、椅子に座って、私達を歓迎してくれた。
私にとっては、初めての施設でした。
皆様に喜んでいただけるかな? どれだけ、皆様と共に楽しい時間を共有することが出来るか?三人、それぞれの民話を語り。
次は、紙芝居、金色夜叉・・・みんなで一緒に、熱海の海岸散歩する〜〜♪(^^♪(^^♪〜〜その頃の時代に心をはせながら合唱をした。
オカリナの演奏で「みかんの花の咲く丘」「海」「ふるさと」を合唱しながらあっという間の一時間が過ぎてしまった
           (記 仙澤 昌子)

高井竹子 「へっこき嫁」
仙澤昌子 
 「地獄へ落ちた欲張り婆様」

 
橋本孝郎 「においの値段」


前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター