民話の会どんとはれ
                               

一日早い「七夕まつり」で皆さんが浮き浮き!

日時 平成29年7月6日(木)10:00〜11:30
場所 蓮田市、「ミニディさくら苑」
訪問者 3名
聞き手 10名(スタッフ含む)
 今まで偶数月に訪問していたが、私どもの会員の減少等を考慮して今年度から3か月に1回訪問することになり、初めての奇数月訪問となった。
今日は、一日早い「七夕まつり」ということで、いつも明るい皆さんが一段と明るく、浮き浮きしておられるように感じた。
まず、民話を2話聞いていただいた後、「お口の体操」と「早口練習」をしましょうと提案したら、いつもやっているとのことで、「どんとはれ流」と「さくら苑流」の寿限無を披露しあって楽しんだ。
←みんなで「早口練習」をしている様子

 「さくら苑」の玄関先
 民話「空を飛んだ亀」を語る
 的場政幸
 さくら苑の「七夕飾り」
民話「良弁杉」を語る間中喜久江 
民話「鬼の木」を語る星野喜美子 

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター