民話の会いなぼっち
                               

かば園長さん こんにちは

日 時 2017.5.15(月)
場 所 ディサービス東埼玉
聞き手 38名
訪問者 3名

 上野動物園の名物飼育員だったカバ園長こと西山登志雄さんで知られる東武動物公園、その駅から10分ほどの国道沿いにあるデイサービス東埼玉さんの初訪問です
ドアを開けると広いホールには沢山の利用者さんが待っていてくれました。
急いで準備・準備です 作務衣に着替え椅子に赤い毛氈をかけて「いなぼっち」の旗とマスコットを飾り、演目をセットしたら・・・もう準備OK 早速ご挨拶です。
初めての訪問なので恒例「いなぼっち」の紹介をちょこっとしてから次郎ちゃんのお馴染み「花咲き山」から始まり始まり〜っ、山姥と女の子の会話を楽しんだ後は「あたまに柿の木」で、柿とキノコそして雁や鯛の育て方や捕まえ方の不思議なおはなしです。クイズで少しリラックスしてもらってからの語りは「子育て幽霊」・・
怖い幽霊の話でありながら、暖かく感じ、しかも郷愁までをも感じさせるのは、なぜなのでしょうか。
 最後はお得意の物売りです、うわ〜っ、懐かしい、そうだそうだと大うけの利用者さんと共にスタッフさんもノリノリで演技に参加、「すいませ〜ん・・お豆腐ひと つくださ〜い!」・・・福島を中心とした故郷の話も弾み楽しい時間を皆さんと共に過ごすことができました。
また来て下さいね、の言葉がとても嬉しいですね。        (記 伊藤 豊一)


次郎丸寿子 「花咲き山」
 
 おっ母ぁ。おら、祭りべべさ、
いらねっから、そよさぁ買うてやれ
・・・
そう言ったとき、その花が咲いたんだ・・・。
伊藤豊一 「あたまに柿の木」

 お〜い、かかよぉ〜っ
早う縄っこ持ってけろ〜っ、
この雁の奴ら、残らず掴めえて、
今晩 うめぇ雁汁こさえっぺ〜っ
岩崎敏夫 「子育て幽霊」

 ♪ひと〜つごろごろ飴、雷さん
♪ふた〜っ げんこつ飴 親父どん ♪み〜っ うまい飴 とうべー飴♪
こんにちは〜っ! 
始めまして、民話の会「いなぼっち」で〜す
いなぼっちって、変な名前ですよね
意味・・・分かりますか〜っ
は〜い! 分かりませ〜ん・・・。
なっとー、なっとなっとうー、なっと・・・
がんちゃんの物売りの声が流れると、皆さん・・懐かしい、昔の良き時代に戻れるようです 
まめは〜 みそまめ〜・・・。
すいませ〜ん・・お豆腐ひとつ、くださ〜い!
スタッフさんも一緒に演技を盛り上げてくれました
とっても嬉しいですね、ご協力・・感謝しま〜す。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター