田島ケ原サクラソウ自生地を守る会
                               

自生地では柳絮が風に舞っています

2017年5月21日の小満は真夏の暑さだった。最高気温は32度くらいまで上がったようで自生地に2時間ほどいたら全身汗びっしょりになってしまった。

ヨシやオギがかなり大きくなって左右の見通しは効かなくなり、ハナムグラの花が目立つくらいで、サクラソウは全く見られず、去年多く見られたミゾコウジュは駐車場の縁石で花を付けていた。

マルバヤナギの近くでは柳絮が飛んでいた。約4个煉櫺未牢綾呂垢襪2つに裂け白い綿毛の付いた種子を風に乗せる。柳絮には舞い飛ぶ意味もあり、柳絮の才とは非凡な才女のたとえ。

鴨川沿いのイボタノキ、サイカチ、マユミが花期を迎え、盛大に花を咲かせていた。マユミには多くの小さな甲虫が訪れていた。

さいたま市長選挙が重なった。下馬評では現職の圧勝で締め切りの20時には当確がでる勢いなので、行かなくても同じだが、18時過ぎに市民の権利を行使してきた。

特別天然記念物石碑はもう4分の一くらいしか見えません。
ハナムグラはアカネ科の多年草。絶滅危惧粁(VU)。
トダスゲはカヤツリグサ科の多年草。絶滅危惧A類(CR)
マユミはニシキギ科の落葉低木。古来より弓の材料とされた。
サイカチはマメ科の落葉高木。別名カワラフジノキ。
イボタノキ モクセイ科の落葉低木。いぼた蝋は蝋燭の原料。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター