田島ケ原サクラソウ自生地を守る会
                               

今年のサクラソウの初咲きはA区でした

昨日に引き続いて最高気温は18℃くらいまで上がるとの予報の2017年3月20日の春分の日だった。
自生地は一段と緑の面積が増え、緑に厚みが出てきた。着いた時には冷たい風が強く、まだ太陽熱も弱かったのでアマナは殆どが就眠中だった。

サクラソウの初咲きを探して特別天然記念物碑の周りを見たが、なんとA区の早生のノウルシの群生の向こうにピンクの花が見えた。
今年はA区が初咲きだ。よく見ると3株に花が付いてその他にも赤い蕾も見えた。
今日の花の様子から見ると今年の初咲きは昨日19日だったような気もするが・・・。

今日もギャラリーが見られたが、やはり超望遠のカメラを担いだ鳥見の人がほとんどだ。
E区のヒロハノアマナもほとんどがお眠み中だった。

彼岸の中日なので青葉園にも行く予定で途中錦乃原桜草園に寄ってみた。準備会なのだろう10人前後の人達が集まっていた。サクラソウの開花は例年通り田島ケ原より多く見られた。

バス停付近から俯瞰した自生地。大部分が若草色です。
A区で花開いたサクラソウ。上の株の近くです。
錦乃原桜草園で見られたサクラソウは濃い色です。
アマナの花たちは今だお眠み中のようです。
南観察路際に咲いていたノジスミレ。意外に生命力は強い。
夏には姿を消してしまうシダ植物のヒロハハナヤスリ。
カントウタンポポが咲き始めた。総苞が反り返らないのが特徴。
地上に降りたアオジは何かの木の実を咥えています。
APG分類ではレンプクソウ科のニワトコの花序。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター