田島ケ原サクラソウ自生地を守る会
                               

自生地にアリスイが現れ時ならぬ賑わいでした

2017年2月4日の立春は文字通りの春の到来で、お昼頃には3月中旬の気温になり汗ばむほどだった。
もう4週間以上も雨の無い自生地は何となく白っぽく感じられた。今の季節こんなに乾燥してサクラソウの生育に影響はないのだろうか、心配だ。

自生地の主のようなAさんが錦乃原桜草園のサクラソウの写真を見て、悔しくて探したと晴れやかな顔で芽生えを教えてくれた。

今の季節には珍しく自生地が賑わっていた。大きなカメラと三脚を抱えた鳥見の人達だ。尋ねてみるとアリスイが居るという。名前だけは知っているが見た事はない。目を凝らすと小さな白い小鳥が動いていたが、ナカナカレンズに捕らえられない。ようやく焦点を合わせたが、思ったようには撮れなかった。

アリスイはキツツキ科の、スズメより一回り大きい漂鳥で、本州以南には冬鳥として林縁やヨシ原に飛来するという。

右奥には富士山が見え、青い山並みも見られました。
サクラソウの芽生え。やはりB区の柵際が早いようです。
節分の赤鬼の角のようなノウルシが点々と伸び出しています。
この日最初に出会ったジョウビタキには逃げられいつものメスです。
ノカラマツの芽生えの美しさからは成長した姿は想像もできない。
目立つ所によく止まり、一羽でいる事が多いモズ。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター