NPO法人華齢なるケアマネたち
                             

「1年の計は勉強会にあり」〜頑張った自分を振り返ろう〜

◆第166回 1月の勉強会

・開催日:平成29年1月14(土)
      9:30〜12:00
・場 所:浦和コムナーレ10階
・ファシリテーター:壷内ケアマネ    
・参加者:17名
・プログラム
 一部:9:30〜10:00
     情報交換タイムなど
 二部:10:00〜12:00
  テーマ:
 「1 年の計は勉強会にあり」
〜頑張った自分を振り返ろう〜

★昨年の一年間、お仕事に頑張って取り組んできました。手続き書類に追われ利用者や家族の望む生活の支援ができ仕事のやりがいを持った人、その一方、利用者対応やサービス調整など心にモヤモヤとした気持ちを抱えながら新年を迎えた人もいるようです。
 そこで本日は、そのモヤモヤを良いことに変換することで、気持ちの変化を実感できることを目指しました。

 最後に手作り紙芝居「スーホ―の白い馬」を参加者で楽しみました。

 

【振り返り】
Aさん:自分が頑張ったことを、箇条書きにすることで自分自身元気が出てきた。スッキリした。
Bさん:自分自身を振り返って、プラス思考にすることは、いいことであるし、大切だと感じた。
Cさん:大勢の前では言えないことでも、この勉強会で、モヤモヤを聞いてもらえてスッキリした。
Dさん:”○○はいいことだ”は”ピンチはチャンス”と同じくらいピンときた言葉。これからも活用してきたい。
Eさん:”沈黙は金なり”というが、この勉強会で発表する、吸収することはとてもいいこと。これからも発信していきたいと感じた。
Fさん:日々色々とモヤモヤしていることはたくさんあるが、”○○はいいことだ、なぜならば〜”
という発想の転換が、素晴らしい
と思った。       等々・・・
★担当者の振り返り
 自分の失敗したことを”共有できる貴重な場”があるという事は、”自分を高められる場”があるという事。失敗はしない方がいいが、失敗した時は、そこから学べばいいこと。失敗は貴重な体験であるため、失敗を栄養とし、又は、発酵させ、ステップアップにつなげたい。勉強会が、この貴重な体験を共有できる場であると実感できた。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター