民話の会いなぼっち
                               

6期の皆さん、こんにちは!

日 時 2016.12.6(火)
場 所 シニア大学北浦和校6期校友会
聞き手 72名
訪問者 7名

 シニア大学北浦和校6期校友会の学習会に呼んで頂きました。 
日本昔話のテーマ曲がオカリナ演奏で流れる中、口演の始まり・はじまり〜っ・・・。
 まず初めは「へっこき嫁」、 お嫁さんが屁たれの準備を始めると、会場からクスクス、アラアラと声が聞こえます 続く三話のかたりでも要所要所の暖かい反応が続き、皆さん民話を楽しまれているようです、この様な雰囲気が私たちにとっても励みになり嬉しいんですね。
 続いて講談のお富与三郎 いやさお富〜っ 久しぶりだなーの名文句を味わった余韻で、春日八郎のお富さんを皆さんと熱唱・・・ 粋な黒塀見越しのまぁ〜つに、仇な姿に洗い髪〜っ 死んだ筈だよ お富さん〜 っ・・・と 何と3番まで・・
手遊びの「ももたろさん」と「キャベツの中から」で皆さんと楽しんだ後は・・
お待ちかね、がんちゃんの面踊りで会場は大盛り上がり、すっかりと笑いの世界に引き込まれて行ったようでした。   
          (記 伊藤 豊一)

高井竹子 「へっこき嫁」

むか〜し むかしの若いころ・・・
おならを我慢していたり 
はずかしがっていた嫁さんが
う〜ん・・・
なつかしいですね〜っ。
今や ・・・・・悟りを開いた奥様方・・・
おならは、日常習慣の一部として・・・
ねっ・・ねっ・・まっ、いいでしょう
熊谷初雄 「身代わり地蔵」

川口にある小さな小さなお堂に安置されているお地蔵さん
何時の世でも大変な大変な・・・
お産の苦しみを代わってくれるらしい でも、本当はお産の苦しみは、地蔵さんじゃあなくて旦那に代わって貰いたいんですが・・。
伊藤美佐子 「貧乏神」

あのね。 
私の家にもいるのかなぁ〜って・・探したんですけどね
見つからないんです・・
いやいや、必ず居るはずなんですけど・・
早く見つけなくちゃ〜ね、
そしてね、神様、つかまえなくっちゃ〜ね もちろん今の貧乏神さん以外のね。
橋本孝郎 「ねずみ経」

 おんちょろちょろ・・・おんちょろちょろ・・・
って聞いていると・・・
何故か・・・有がた〜い お経のような気がしてきませんか
こんど・・・
お参りに行ったときに  一度 使ってみては・・・
いかがでしょうか
おんちょろちょろ・・あ〜な のぞき〜っ・・・って

岩崎敏夫 講談 「お富与三郎

“いやさ、お富、久し振りだな〜っ”
思い出しますね 春日八郎・・・
粋な黒塀見越しの松に・・・ あの〜っ・・・この歌知っていますよね  知っている方・・・・手をあげて
あっ、やっぱし 多いですね??
この歌、五十代以上の人は誰でも知っている曲らしいのですが、
面おどり

 よっ、がんちゃん・・名演技、
腰の瓢箪に入ったお酒を飲む仕草が最高ですね・・・
あれ!・・・。
私のバッグに入っていたビールが行方不明に?? まさか?。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター