NPO法人華齢なるケアマネたち
                             

第165回「大人の社会科見学」

◆第165回 11月の勉強会

・開催日:平成28年11月26(土)
      11:00〜14:00
・場 所:十条駅「ダイニング街なか」
・ファシリテーター:高橋ケアマネ
          脇田ケアマネ 
・参加者:13名

・プログラム
 一部:講演 11:00〜12:30
    テーマ:
    「地域に生きるを求めて」
     〜小さな試みの中から〜
    講師:小島靖子先生
     社会福祉法人ドリームヴィ理事長
 
 二部:試食 12:30〜14:00


★障害者の雇用について、長年養護学校で進路の担当をされていた小島靖子先生に講演をお願いしました。「地域を生きるを求めて〜小さな試みの中から〜」と題した貴重なお話を伺うことができました。障害者の方たちが社会に出る、社会に入れてもらう、応援してもらう、相手が変わる、社会が変わる、彼らは人に受け入れられる力をもっている、という言葉がとても心に響きました。
 

【感想】
Aさん: 支援をする上で必要なことが出来たら、自分たちで作ってしまうのはすばらしい。
Bさん:考え方次第で地域が変わるというパワーを頂きました。 
Cさん: 食事の提供が社会の中で大きな役割になるとの言葉が印象的。      
Dさん:地域づくりのアイデアを頂きました。  
Eさん:障害者が地域に出て働くこと、地域が社会が変わると言われたことが心に響きました.
Fさん:事業展開の素晴らしさを生かしたい。  等々
【担当者の振り返り】
うまくいかないときは「だったら・・・」と強みを見つけたり、地域に通い地域人達に「あってよかった」と思ってもらえるサービスを作られてきた先生の行動力と熱意に感動しました。
これからの介護保険のキーワード「地域」について、先生の取り組みから学べることが多くあると実感しました。
講演終了後は先生を交えて「障碍者が立ち寄れる場所」として立ち上げた十条駅前「ダイニング街なか」でランチを堪能しました。参加された皆さんがそれぞれ先生に質問したり、メニューも体に優しい食材が使われており、とても美味しかったです。
【2月の勉強会案内】

     担当:谷内田ケアマネ

・日 時:2月11日(土)
     9:30〜12:00
・場 所:武蔵浦和コミュニティーセンター 10集会室
・テーマ:
「ケアマネジャーの専門性とは」
〜様々な専門について考えケアマネの専門性を導き出そう〜

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター