民話の会いなぼっち
                               

オカリナの音に誘われて

日 時 2016.10.25(火)
場 所 リハビリテーションなごみ
聞き手 35名
訪問者 3名

 民話の口演が始まる前に、ふと聞こえてくるオカリナの音、どこから??〜柱の陰から 日本昔話のテーマ曲が流れてきた(^^♪。心地よい雰囲気のもとで・・・・・
 さーあ、民話語り、始まり、はじまり、素晴らしい演出です。有難う彼女。
一生懸命で聞いて下さる皆様の顔、その姿を見せていただき、ただ、ただ感謝、感謝です。もっと精進しなければと・・・・    次回の来訪を望まれての一時でした。
          (記 仙澤 昌子)

伊藤美佐子 「貧乏神」

 押入れの中に貧乏神が住んでいるんだって。 私の家にもいるのかなあ〜っ・・・見つからないけど・・必ず居るはずなのに・・
早く・早く見つけなくちゃ・・・んで、
金の神様、ゲット・ゲット。
仙澤昌子 「猫檀家」

 貧乏山寺の和尚さんは、可愛がっている猫のトラと一緒に居眠りばかりして・・・ 
かわいい猫の恩返し、さて、さて
その方法とは・・・。


 
伊藤豊一 「うまの田楽」

田んぼの畦道を・・・
馬を引いた役人が・・・、
てっこら・・てっこら・・・
んで、んで、
馬も・・ぽっこら、ぽっこら・・・と。


手品 

 新聞紙の筒に入れたはずの牛乳が何と!なんと!!蜘蛛の糸に・・・
でもね・・・
この手品のネタ、再利用出来ないのが・・・ちょこっと問題。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター