田島ケ原サクラソウ自生地を守る会
                               

ノコンギクは花の盛りで、ユウガギクもまだまだ

前日は空一面が雲で太陽はほとんど見られなかったが、2016年10月23日の霜降は朝から明るい陽射しに恵まれ穏やかな秋日和だった。
自生地はオギの穂が白い広がりを見せ、ユウガギクが相変わらず観察路の両側を彩っていた。前回全域に繁茂していたアキノウナギツカミは少し少なくなったようだ。でも荒川河川敷では去年ほとんど見られなかった休耕田で大発生していた。やはり雨が多かったのが原因のようだ。

第二自生地ではノコンギクとタイアザミが花の盛りを迎えていた。
カナムグラは雄花だけではなく雌花も目立つようになってきた。なんにでも巻き付き刺が鋭いカナムグラは厄介なつる植物だが、成虫で越冬し春一番にサクラソウ自生地を飛び回るキタテハの食草で救われている。

普通なら今の季節はセンニンソウの痩果が大量に見られる。それが今年はあまり見られない。仙人の白髪に例えられた白毛を付けた痩果が見当たらないのだ。花の盛りに台風や大雨に見舞われ実を付ける前に落ちてしまった花が多かったのが原因のようだ。
左はノコンギクの花

柚子の香りがするのが名の由来というユウガギクだが?
コメナモミは総苞片と花床の鱗片に繊毛が密生して粘る。
レモンエゴマはほのかにレモンの香りがするのは確かだ。
自生地を長い間彩るキンミズヒキはバラ科で花が美しい。
アカネの花は3〜4ミリ。雄しべは5個で雌しべの花柱は2個。
3センチほどに伸びたセンニンソウの白毛は花柱の変化したもの。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター