さいたま市民ネットワーク (NPO法人)
                         

国際フェアに出展しました

◆空晴れ渡る10月2日(日)、さいたま新都心のさいたまスーパーアリーナで、国際フェア2016(公財:埼玉県国際交流協会主催)が国際色豊かなムードの中、盛大に開催されました。

◆さいたま市民ネットは、

‖耋冤Чザ┣颪砲茲襦台湾旅行パンフ、各種グッズの提供。

▲薀ス友好協会による、ラオスビールの提供。

タイ王国友好協会による、義足製作支援活動。

それに加えて、

こ慇乎賃離侫Д▲肇譟璽匹砲茲襯薀スコーヒーの提供。

ゥ薀ス宝飾品の提供。

市民ネットが推進する「さいたま市セーフコミュニティ」のPR。

以上の3か国・街づくり、全6種類の多彩な展示をして市民の好評を得ました。

「国際フェア」はオリンピック競技の会場となる、埼玉県とさいたま市の国際化にとって、たいへん有意義な祭典でした。

当日の動画は、公式ページをご覧ください
http://nposcn.com

          (事務局 水野臣次)

上田清司県知事の視察を受け、珍しいラオスコーヒーのお買い上げもいただきました。
会場には埼玉県産品も各種多数出展しており、県の物産品の良さをアピールしていました。
清水勇人市長の視察を受けました。
ラオスの首都ビエンチャン市とさいたま市は、浦和市時代より水道技術協力24年という固い絆で結ばれています。
台湾の観光資料30種類、各種グッズ10種類をバックにセット、多くの参観者にプレゼントして大好評を得ました。
学生がラオスに行って栽培したコーヒーは、美味しいと大好評!

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター