田島ケ原サクラソウ自生地を守る会
                               

倒伏地が拡大しているのは由々しき問題です

2016年9月22日の秋分は朝から雨。空は明るい雲に覆われ、やんでいるように見えてもかなり強く降り続いて、ようやく14時過ぎにやんだ。
途中ジャコウアゲハが生垣の紅い花をしきりに飛び回って吸蜜していた。とにかく夢中で、雨続きで余程お腹が空いて?いたのだろう。

サクラソウ自生地はようやく堤防の除草が終わっていた。しかし観察路は完全に水没していて長靴でも奥までは入れなかった。アキノノゲシなどは降り続いた雨に痛めつけられ見る影もなかったし、センニンソウは花がほとんど見られなかった。

雨続きの事もあり改めて強く感じたのは倒伏地が非常に多くなった事だ。元々はヨシやオギの生育地だったのがつる植物に絡みつかれ倒されてつる植物の天下になってしまった。この環境ではではサクラソウは育たたない。自生地にとっては由々しき問題だ。

鴨川べりのヒガンバナも今が盛りだが、今年は羽倉橋からさくら草橋にかけての秋ヶ瀬堤のヒガンバナが見事だ。2008年末から09年にかけて一女性が植えたヒガンバナが見事に花開いている。

ヤブマメの花は約2僉4弁が紫色。地中にも豆果をつける。
今の時期こんなに開けている自生地はほとんど見なかった。
花の下に子房をつけているスズメウリは雌株の証拠。
増えてきたユウガギクの花も雨に打たれ傷ついています。
大きな図体のアキノノゲシは雨でひとたまりもありません。
さくら草橋近くから浦和ゴルフ方面を望む。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター