NPO法人華齢なるケアマネたち
                             

第162回「サ高住に住む方の支援のポイント」〜その方にあった住まい選びとは〜

◆第162回 9月の勉強会

・開催日:平成28年9月10日(土)
      9:30〜12:00
・場 所:浦和コミュニティーセンター
      第6集会室
・ファシリテーター:ケアマネ 御厨
・参加者:30名
・プログラム
 一部:9:30〜10:00
     情報交換タイムなど
 二部:10:00〜12:00
  テーマ:
 「サ高住に住む方の支援のポイント」
   〜その方にあった住まい選びとは〜
    
★本日のポイント
急速に増えてきたサ高住。その特色と、住まいの選び方のポイントとか何か?同じサ高住でも、その特色は様々。比較表や事例を通して、サ高住のメリット、デメリットを理解し、ケアマネとして、ご利用者様に合った住まいを選ぶ目を持ち、適切なケアプランを作成に繋げる。


★結果
 昨今、サ高住があちこちに増えてきている。今回の勉強会でサ高住のポイントが理解できたようです。今後、時間のある時にゆっくりと見学し、サ高住について経営者の背景や既に住んでいる高齢者の生活状況などさまざまな視点から見極めていく必要性を実感した勉強会となった。

【振り返り】
Aさん:サ高住にも色々と特色があることを知った。
Bさん:サ高住があちこちに増えているが、安易に使えない、紹介できないと感じた。
Cさん:施設のような雰囲気だが、遠慮しないで他のサービスも使っていきたい。    
Dさん: 時間のある時にゆっくりと見学し、見極めていきたい。
Eさん: 本人の意向の確認が大切。住んでいる方は自由がないと考えている方もいる。     
Fさん:サ高住のポイントが分かってよかった。タイムリーでした。     等々
                                            
【ファシリの振り返り】
サ高住に住んでいる方を、担当しているケアマネも、今まで関わったことがない方も、今回の
勉強会に参加し、「サ高住の色々な特色が分かり、勉強になった」という声を聞き、ホッとしています。これからも、新しい住まいの形が出てくるかもしれませんが、ケアマネとして、常にアンテナをはり、適切な情報提供を行い、自立支援に繋げられる様、サポートしていきましょう。
【最近、会員からの推薦著書】

●「感情的にならないた話し方」 和田秀樹著(精神科医) 新講社発行 一言「事例が紹介され読みやすい内容となっています。」
●「わかる・見える社会保障論〜事例でつかむ 社会保障論入門 今井伸 (株)みらい発行 一言「なんとなくわかっていたことが、事例で納得。キーワード、Q&Aでどれだけ理解できたか確認できる内容でした」

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター