けやきパソコンボランティアクラブ
                               

    ◆◆◆◆◆ 救急救命講習会 ◆◆◆◆◆

平成28年9月5日(月)

今年は8月下旬に大型の台風が北海道や東北に大きな爪痕を残していきました。

私たちが生活していくうえで、防災の知識はとても大事なことです。

加えて救急救命のことも知っておきたいことの一つです。

ということで、「大宮消防署」にお願いをして、胸骨圧迫、人工呼吸、AEDについて勉強をしました。

講師:大宮消防署から派遣
時間:10時から12時
会場:大宮ふれあい福祉センター301・302
内容:胸骨圧迫・AED等についてのお話と   実習
参加者:けやき会員 19名
    若葉の会会員 6名



講習会が始まり、講師の方のお話を熱心に聞いています。
ちょっと緊張しています。
どなたも真剣でした!

ユーモアを交えてのお話はとても分かりやすく、次第に緊張も解けて・・・・
「もしもし、どうしました?大丈夫ですか?」と、声をかけて状況確認中。
 
全員が順番に練習しました。
胸骨圧迫の実習前に、圧迫をする場所の確認の仕方を教えてくれました。
Mさんも「分かります、分かります」。
丁寧な説明でした。
1分間に100〜120回のリズムで30回。
結構力が入って、疲れました。

疲れたら交代しましょう。
人工呼吸もやってみました。

息を吹き込むと、空気が入って胸が膨らむのがよくわかりました。
AEDの体験です。
音声での誘導を聞きながら、それに従って操作をしていくことを学びました。
「エーット 次は?」
「ボタンを押すのね」
「OK] 「ホッ」

学ぶこといっぱいの2時間でした。
ありがとうございました。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター