民話の会いなぼっち
                               

暑い、熱い、厚い、篤い。特別な一日

日 時 2016.8.8(月)
場 所 でいとれセンターひばり武蔵浦和
聞き手 30名
参加者 3名

 猛暑連続、熱中症、厳重警戒のさなかに汗をふきふき訪問しました。
室内は冷風適温で。皆様、暑さをしのいで、お待ちかねでした。
そして、今日は午後三時から天皇陛下のお言葉が放送される特別の日で、心なしか背筋がしゃんとして語りはじめました。
《つるかめ》鶴さんにプロポーズされた亀は『鶴は千年、亀は万年だー。嫁になっても、千年しか夫婦でいられねー、9千年も長い間、後家暮らしは嫌だー』というくだりに皆さんの笑みが。
《ふるやのもり》狼は世の中で一番恐ろしいのは自分だと思っていたが、狼より恐ろしいのは(ふるやのもり)と勘違いして騒動を起こす話。語り手の熱演に拍手でした。
 合間に熱中症予防の紙コップの水のサービス。我らも高齢者です。美味しく喉を潤し、後半は「キャベツの中から」歌いながら手遊びに興じ、「桃太郎体操」「ハンカチ手品」を楽しんでいただきました。
そして、ドリフターズの「いい湯だね」を全員で大きな声で歌い、さながら、お口の元気体操でした。猛暑の折、皆様の尚一層のご健康、ご自愛を願って。
最後に、記憶にとどめたく、8/9付け朝日新聞「素粒子」欄より引用します。
天皇陛下のお言葉。広島、長崎、終戦の日の追悼。リオの祝祭、甲子園の熱気。心を静めたり沸き立ったりの8月。
          (記 奥山 久子)

奥山久子 「ふうふうぱたぱた」

 「ふうふう」「ぱたぱた」何のこと。それはね、お餅を食べたくて食べたくてしょうがない小僧さんの・・・
熊谷初雄 「ふるやのもり」

 狼よりも恐ろしいものは「ふるやのもり」だそうです。ふるやのもりってなあに・・・
橋本孝郎 「つるかめ」と手品

 千年しか夫婦ででいられねえのか・・・なしてえ・・・
「鶴は千年カメは万年・・・」
これが悲恋の始まりとは・・・

         

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター