民話の会どんとはれ
                               

学童が多く5回の出前公演でようやく全教室を一巡

日時:平成28年8月23日(火)13:00〜14:00
場所:伊奈町、小針北小学校児童クラブ     1年生教室
聞き手:学童60名+指導者6名
訪問者:4名
 「ねらっている」では、ヘビがねらっているのはと聞くと「カエル!!」と子どもたちは嬉しそうに答えてくれた。
「三本足の犬」では、五徳(ごとく)の説明があってから、なお熱心にお話しを聞いていた。「講談」では、桃太郎の物語と物語の間に、張り扇(はりおおぎ)でのリズムの教えがあって、子どもたちのリズム感は良好でした。
民話の仲間との活動は、聞き手のみなさんから元気パワーをもらって、続けられています。
←会場風景、演じるのは鶴田正枝:パネルシアター「お化けなんてないさの歌」

挨拶する的場会長
長澤昭洋:
絵解き「ねらっている」
的場政幸:民話「三本足の犬」
鶴田正枝:パネルシアター
   「ブレーメンの音楽隊」
外川澄輝:講談「桃太郎」ほか

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター