民話の会どんとはれ
                               

小針北小児童クラブ第二ラウンドは3年生の部屋で

日時 平成28年7月22日(金)14時〜15時
場所 伊奈町小針北小学校児童クラブ         3年生
訪問者 5名
聞き手 30数名
 4年生に引き続き隣の3年生の部屋へ。こちらも、児童代表の号令で挨拶を受け、あわただしく民話語りを始めた。
民話の3話はシーンとして聞き入っていたが、最後の人形劇「やまんば」になると子供たちは大喜びで、会場の様子が一変した。
 帰りには、部屋の窓から顔を出して車が発車するまで見送ってくれた。二学年の活動で清々しい気分になり、帰路についた。

星野喜美子:民話:
「風呂屋の神様」
熊谷康夫:民話:「むじな」
的場政幸:民話:「三本足の犬」
鶴田正枝:人形劇「やまんば」
おらの名前は信太、体は小さいが力もちだ!
やまんばが現れて、信太を捕まえて天ぷらにして食べちゃうというので、力比べが始まった。
やまんばが負けてほうり投げられると、思わず子どもたちがそちらに駆け寄って、語り手の声が聞こえないほど賑やかになった。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター