民話の会どんとはれ
                               

笑い・拍手・相槌と明るい利用者のみなさん

日時:平成28年7月8日(金)14:00〜15:00
場所:北本市、ツクイ北本デイサービス
通所者:27名、スタッフ6名
訪問者:3名
感 想: ツクイ北本の壁飾りはひまわり、西瓜などがいっぱいで、夏夏・・・でした。
キビキビと対応の良い職員さん、笑いと拍手にお話しの相槌(かわいそう、かわいい、ウンウン・・)など、明るい利用者のみなさんでした。
 職員さんや聞き手の方々によって、私たちはボランティアとして育てられていることを感じました。 ↓ 出演者の3人が自己紹介して開演   

 
   

間中喜久江:遠野の民話「座敷わらし」を方言交じりで語る
会場風景、聞き手から「 かわいそう、かわいい、ウンウン・・」などの相槌が出た
熊谷康夫:甲州は藤井村下条(現在の韮崎市)の民話「河童のきずぐすり」は初演とのこと
鶴田正枝:人形劇「やまんば」を一人で演じる。おらぁ、山姥だ、怖いだろう!
小さくても力持ちの“信太”が登場する
山姥と信太が力比べをする場面

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター